September 17, 2020

November 17, 2017

August 31, 2017

August 10, 2017

Please reload

最新記事

新開発製品 大口径ランスホース

November 1, 2017

1/2
Please reload

特集記事

海商都市~リヴァプール~

September 12, 2017

今回紹介するのはイギリス・イングランド北西部

マージーサイド州の中心都市リヴァプールです。過去には奴隷貿易で栄えた港湾都市です。

最盛期には人口が80万人程おり工業都市、交易都市として

栄えましたが第二次世界大戦時にドイツ軍の激しい爆撃にあい

1940年代後半に衰退していき街はスラム化していきました。

しかし、1960~1970年代に大規模なスラム浄化を行い再建計画が始まりビートルズのゆかりの地として今では観光地になっています。2004年には『海商都市 リヴァプール』の名で世界遺産に登録されました。

しかし、近年の再開発計画の影響で2012年危機遺産になってしまいました。

このリヴァプールが栄えた理由は奴隷貿易という深い闇があり、街の建物には黒人奴隷の彫刻が至る所にあります。

こんなに美しい街にも歴史を辿っていけば、なぜ繁栄したかという裏が色濃く残っています。

リヴァプール市のシンボルです。

リヴァプールFCのエンブレムにも用いられています。

『ライバーバード』が飛び立つとリヴァプールは滅びるという伝説があります。

 

 

街にはリヴァプール大聖堂やリヴァプールメトロポリタン大聖堂、

ビートルズ関連の博物館など観光地としても魅力あるところなので、

都市開発などで世界遺産から外されないようにして欲しいです。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
​Copyright 2017 hinodekakou. All Rights Reserved.